水虫感染者は温泉に来ないで欲しい。水虫は簡単に人にうつってしまうから。そして治せるのになぜ治さないの?家のお風呂のマットも、靴も靴下も絨毯も、全部すてて治療すればすぐ治るんですよ。

水虫を治すならまず、靴と風呂マットを変えろ

水虫治療のために長く塗り薬を使っていると言う人は案外多い物ですが、治療のためにまず考えなくてはならないのが靴と風呂マットの交換です。一見すると水虫とは大した関係の無い二つのようにも見えますが、どちらにも共通していることとして「足が直接触れる」ということが挙げられます。水虫は全身で発症する恐れのある病気ではありますが、最も頻発するのは多くの人がイメージしているように足です。足に付着した水虫の原因菌である白癬菌は足の中で増殖をすることで水虫という症状を引き起こし、そして増殖した白癬菌はその患部から別の場所へ移動することで生息範囲を拡大しているのです。これがどういうことかというと、簡単に言ってしまえば靴と風呂マットは白癬菌がうつる絶好の場所であるということになります。特に白癬菌は高温多湿の環境を好む性質があり、毎日履く靴は汗で蒸れて体温で温められていますし、風呂マットもお湯で温まった足が直接触れて、水気をぬぐうわけですから極めて湿った状態になりやすい場所です。そのため靴や風呂マットを洗わずにずっと使い続けている場合、その靴と風呂マットは既に白癬菌の巣窟になっている可能性があるのです。もし白癬菌が靴や風呂マットに住み着いてしまっていたとすると、いくら治療をしても靴や風呂マットから次から次へと白癬菌が戻ってきてしまうわけですから、何度治しても再び白癬菌が自分の体に付いてしまい、一向に改善されなくなるわけです。もちろん風呂マットを定期的に洗っているということであればそこまで心配はいりませんが、一足の靴を毎日履き続けているという状態はかなり危険ですから、もし自分がそうだと感じたのであればまず靴を買い足すところから治療を始めるようにしましょう。