水虫感染者は温泉に来ないで欲しい。水虫は簡単に人にうつってしまうから。そして治せるのになぜ治さないの?家のお風呂のマットも、靴も靴下も絨毯も、全部すてて治療すればすぐ治るんですよ。

水虫は販売されているゲンタシンで治療

感染するとセルフケアで完全治癒を目指すことは極めて困難なのが水虫です。
ゲンタシンという効果的な軟膏が販売されており、以前よりは完全治癒させやすい環境が整っているものの、発症させないことに越したことはありません。
そこで、感染を防ぐために気を付けるべき点を知っておくと万が一水虫になった時に慌てずに済みます。
既に自分の身近に水虫の感染者が存在している場合は、通常時よりも発症しやすくなることは事実です。
その理由は、白癬菌に見舞われた角質が感染者が移動した際に床などに落ちてしまうためです。
こうした点から玄関マットをはじめバスマットやキッチン、カーペットやフローリング、スリッパや畳などは潜伏する場所としては絶好な場所という事ができます。
つまり、一般家庭においてはあらゆる場所に白癬菌が好む環境が存在することになります。
また、一人暮らしの人でも注意しなければならないのは公共の施設を利用する際です。
日本人というのは、靴を脱いで生活を営むため水虫を発症している方が素足で歩行すると感染する可能性が高まってしまうのです。
そのためプールやサウナ、公衆浴場などでは赤の他人から水虫を移されてしまう恐れがあります。
そして、日々可愛がっているペットから移される可能性もあります。
水虫菌というのは複数の種類が存在しており、人間のみに寄生するタイプがある一方で、動物のみに寄生するタイプもあるのです。
特に、人間の皮膚の中でも比較的弱い首や顔、腕に発症することがあるのでペットと遊ぶ時は注意が必要です。
こういった実情を知るとわかるのは、水虫菌は身近に存在しているということですが、対策が行い易いということも言えます。
高い頻度でマットやスリッパなどを交換して清潔に保つだけで予防できるのです。