水虫感染者は温泉に来ないで欲しい。水虫は簡単に人にうつってしまうから。そして治せるのになぜ治さないの?家のお風呂のマットも、靴も靴下も絨毯も、全部すてて治療すればすぐ治るんですよ。

悪性の水虫の場所について

最近では非常に多くの人が革靴をはいていたり、ブーツをはいていたりするため通気性が悪く足が蒸れてしまうことがよくあります。そのようなときにそのまま放置しておくと足のなかであかがたまったり、さらには汚れてしまったりで、悪性の状態が続きます。このようなときの解決策としてはしっかりと足の裏に風を通してあげる必要があるのですが、仕事などに行っているとなかなか風を通すこともできないため、足の裏がどんどんと蝕まれていきます。このため、日本人男性で働き盛りの中年男性や、中年女性においては常に革靴やブーツをはき続ける人などは水虫になってしまうことがよくあります。このようにして、現在の日本人はどんどんと水虫の人が増えていくのですが、これまで、よくできる場所としては足の裏が多かったのですが、水虫じたいは感染する可能性があるため、より多くの人がしっかりとケアしていく必要があります。現在の若者に対しても公衆浴場で使っているスリッパなどから感染してしまうケースもあり、できるだけ公の場所ではくつ下をはいてからスリッパを履くようにするなど、自分の身は自分で守っていく必要があります。現在の若者はこのような対応が必要になってくるのですが、万が一感染したことがわかったら、すぐにお医者さんに診てもらうことで、水虫になっている場所が広がるのを防ぐことができますし、早期発見や早期診断であれば、すぐに治療の効果も出てきますので、早ければ早い方が良いです。現在では様々な水虫のお薬も販売されるようになってきたため、お医者さんに診断してもらう時間のない人は薬局に足を運んで常駐の薬剤師さんに症状をしっかりと伝えて対応してもらうこともできます。