水虫感染者は温泉に来ないで欲しい。水虫は簡単に人にうつってしまうから。そして治せるのになぜ治さないの?家のお風呂のマットも、靴も靴下も絨毯も、全部すてて治療すればすぐ治るんですよ。

公衆浴場で水虫に感染?剥がれ落ちた皮膚の破片

夏が近づいてくると足の指の皮が剥けたり、ジュクジュクとして痒いという人は水虫の可能性が高いといえます。
水虫というと中年の男性だけの皮膚疾患のように思いがちですが、最近では女性の方にも増えているので、今まで水虫になったことがないという人でも油断していると簡単に感染してしまうのです。
また、水虫は軟膏を塗り続けることで完治を目指すことができる皮膚疾患ですが、皮膚の角質層の奥まで根を張っているので治ったと思っても再発する場合がほとんどです。
水虫はカビの一種である白癬菌が皮膚に侵入することによって、このような症状として現れるのですが、あらゆるところに存在している菌なので普段から予防しておくことが大切です。
特に公衆浴場は不特定多数の人が集まる場所ですし、裸足になる機会も多いので水虫を移されやすい場所といえるでしょう。
白癬菌はお湯を介して感染することはありませんが、高温多湿を好むので湿気の溜まりやすいマットに潜んでいる可能性が高いといえます。
予防策としてはマットで足を拭くことは避けること、また足を拭くタオルは持参してしっかりと足を拭いて乾燥させることが大切です。
また、脱衣所の床にも角質と一緒に剥がれ落ちた皮膚の破片が落ちています。
白癬菌は人の皮膚に付着してから感染するまでに24時間かかるといわれていますが、足に傷がある場合はもっと早いと思っておいた方が良いでしょう。
公衆浴場から帰ってきたら、まずは足を丁寧に洗うこと、すぐに洗えないという場合は除菌用のウエットティッシュで足を拭いて乾燥させることを心がけましょう。
水虫は放っておいて治るものではないので、あまりにも症状が酷い場合は専門の医療機関に受診することをお勧めします。