水虫感染者は温泉に来ないで欲しい。水虫は簡単に人にうつってしまうから。そして治せるのになぜ治さないの?家のお風呂のマットも、靴も靴下も絨毯も、全部すてて治療すればすぐ治るんですよ。

カンジダは水虫が原因?ジムで感染を防ぐには?

水虫というと足や手の裏の皮がめくれたり、水泡ができてかゆみを伴うなど、手や足だけに多い皮膚疾患だというイメージがありますが、実はからだのあらゆるところに感染します。
水虫の中でもいんきんたむしと似ている症状がカンジダなのですが、これは患部に激しい痒みを伴って炎症を起こすことが特徴として挙げられます。
いんきんたむしとカンジダでは菌の種類が異なりますが、両者とも真菌というカビの一種なのです。
さらに、いたるところに存在している菌なので、今まで水虫になったことがないという人でも油断をしていると感染してしまう恐れがあるので、事前に予防策を知っておくことが大切です。
特にスポーツジムなどは不特定多数の 人が集まり、また裸足になる機会が多い場所でもあります。
特に浴場、シャワールームやサウナなどは湿気が溜まりやすく、高温でもあるので白癬菌が繁殖しやすいのです。
スポーツジムでの感染予防策としては、着替えの靴下を持参して履き替えることが大切です。
ジムは汗をかきやすい場所でもありますし、ストレッチやヨガマットなど裸足になる機会が多いので、ムレを防止するためにも替えの靴下を持参しておきましょう。
また、足ふきマットはできるだけ避けることです。
足ふきマットは常に湿気が溜まっている状態なので雑菌が繁殖しやすいので、水虫を移される可能性が高いのです。
足ふきマットはできるだけ避けることを心がけ、自宅に帰ってからしっかりと足を洗うことが大切です。
水虫は皮膚に付着してから感染するまでに24時間かかるといわれていますが、傷などがある場合は感染する時間が早くなってしまうので、足に傷がある場合はジムに通うことを避けた方が良いでしょう。